フレッシュクロールのブログを作る方法

 ブログの更新は1日2回までにしないと

 スパム判定される、というようなことを

 聞いたことないですか?





 それ、正確な情報ではないです。

 私も一日5回以上更新してるようなブログが

 ありますけど、むしろ逆。





 グーグルなんかは毎時まわってきてくれて

 すぐにキャッシュされていきますし、

 検索エンジンにスパム判定されてることも

 ありません。



 ちなみに、グーグルにスパム判定されてるか

 どうかは、検索結果に&filter=noをつけることで

 ある程度確認することができます。





 結果として、さっき書いた記事が10分もすれば

 検索できるようになるというブログになってます。


 例えば、こんな風に。

 → http://infobird.info/d/data/584.html

 ※4分前に更新されたページが既に検索エンジンで

  検索可能な状態になっているという意味です。





 こういうブログは更新も楽しい。



 そして、まったく新しいキーワード、

 たとえば今テレビでタレントが喋った言葉から

 すぐにアクセスを拾いたいときに重宝します。







◆フレッシュクロールのブログを作る方法



 上記のような頻繁に検索エンジンの

 クローラーがまわる状態を

 フレッシュクロールと呼びます。

 (別の意味で使われることもあるようですが)





 フレッシュクロールの状態は

 検索エンジンによって作られるため

 必ずフレッシュクロールになる方法は

 存在しませんが、

 ちょっとしたコツのようなものはあります。





 つまり、


 ・頻繁に更新する

 ・ユニークな文章を書く

 ・入り口を多く作る


 ということ。





●頻繁に更新する


 頻繁に更新されているサイトというのは

 絶対条件のようなものです。

 頻繁に更新されるからこそ、毎日毎時の

 ようにクローラーが回ってきます。



●ユニークな文章を書く


 ユニークな文章というのは

 面白い文章ということではなく、

 他のサイトのコピーではないということ。

 RSS情報だけを拾って、自動投稿するような

 ブログも多いですが、

 一時的にフレッシュクロールの状態になることは

 あっても、永続的なものにはなりえませんし、

 すぐに検索結果から消去されてしまうでしょう。



●入り口を多く作る


 入り口を多く作るというのは、

 ブログに記事を投稿したときに

 なんらかのポータルサイトからの導線を

 作ってやると言うことです。


 例えば無料ブログでは、共通テーマとかタグ、

 カテゴリなどの機能がありますが、

 有効に使っていますか?

 そういった機能をうまく使うことにより、

 あなたのブログが更新された瞬間に、

 更新されたことが告知されるわけです。


 手を抜かず、丁寧に入り口をつけていくことで

 たまに手を抜いてもクローラーがまわる状態が

 継続するようになります。





 ちょっとした作業をすることで

 フレッシュクローラーは回ってきてくれます。

 そういうサイトやブログを何個か持っていると

 フットワークを効かせたいときに

 かなり便利です。ぜひ実践してみてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。